お問合せ先

便利屋の悪質な行為 不用品を引き取った後、山に捨てる!

この記事は約2分で読めます。

「やっと邪魔なものを引き取ってもらった。これで家の中もすっきりさせられる」

いつまでも家の中に不要な物があると、何となく落ち着かないですね! 気になりだすと大変です。便利屋の依頼の中でも不用品の処分は、上位に来ます。

ソファやベッドなどの大型の物の処分の他、空き家を全部片づけ、ゴミ屋敷の片付けなど、依頼内容は様々です。不用品処分に関しても悪質な便利屋さんがいます。

悪質な便利屋さん例 不用品を山に捨てる

前提として、便利屋さんは、不用品の回収作業を請け負うことが難しいです。法律上、家庭から不用品を回収するには「一般廃棄物処理業許可」が必要になるからです。基本的に、便利屋さんがこの許可をとるのは難しいです。そのため、不用品処分を請け負う便利屋さんは、無許可で引き取っている可能性が高いです。

又は、法律の規制対象にならないように、不用品を「買い取る」形にして、無理やり引き取る所もあります。とはいえ、どちらの場合も法律上は、微妙です。できるなら、不用品は、ご自身で処分をされた方が良いと思います!

土岐と瑞浪の粗大ゴミはクリーンセンターに持ち込むと安い!

山に不用品を不法投棄をする悪質な便利屋もあり!

仮に、百歩譲って不用品の回収を合法的にしているとしても安心はできません。便利屋さんの中には、不用品を山に不法投棄する所があるからです。ご存じの通り、土岐市や瑞浪市には、大量の山がありますね! 少し走れば、右も左も山だらけなので、ある意味で捨て放題です。

例えば、便利屋さんに不用品回収を依頼して、不用品を回収してもらったとしましょう。不幸なことにその不用品(家電製品等)には、依頼人の住所や名前等が記載されていました。(依頼人)

そして、便利屋は、依頼人から不用品の料金を受け取った後、これを山に捨てた場合はいかがでしょうか? 名前が記載されている物が山に不法投棄されています。もし、これを警察などが見つけた場合は、どのようになるのでしょうか?

山に捨ててある客観的な証拠だけで判断すると、あなたが不法投棄した扱いになってしまいますね!もちろん、警察からの事情聴取の後、最終的には、罪に問われない可能性は高いでしょう。

ただし、それを証明する手間も有りますし、少なくても、警察に事情を説明するために無駄な時間を過ごすことになるのは間違いないです! 実際、説明のように山に不法投棄する便利屋さんもいるようです。(瑞浪、土岐にはいないと願います)

一部の便利屋さんは、儲かれば何でもよいと考える所はあります。これは紛れもない事実です。もし、不用品の処分を便利屋さんに依頼しようとしているときは、このような悪質なケースもありえると頭に入れておきましょう!

トキススメ トップページ お問い合わせ

トキススメのLINE公式

ページを印刷
タイトルとURLをコピーしました